英語が好きになれない

英語を苦手と感じる人の多くは中学校や高校の時の英語の授業でついていけなかったという人が多いです。社会に出て会社で英会話を習得しなければいけなくなった時どうしたらよいのでしょうか?そこで英語への苦手意識を無くす方法を紹介していきます。

英語への苦手意識を無くす3つの方法

好きな外国映画やドラマを見つけて興味を持つ

自分の好きそうなジャンルの洋画やドラマを見て英語へ自然と触れる環境を作ると苦手意識も低くなります。字幕で見るのがおすすめです。

英語のどこが苦手なのかを分析してみる

どうして自分は英語が苦手なのかを深く考えてみましょう。意外と英語嫌いではなく英語学習から逃げてしまったからかもしれませんよ?

好きな洋楽を見つけて歌詞を翻訳してみる

洋楽を好んで聞いている人は一度自分で歌詞の翻訳をしてみてください。自分の好きなグループで翻訳を行うとグループの理解にも繋がり英語への興味が自然と出てきやすくなります。

料金システムや制度

教師

英会話ができることが当たり前と考える人も増えており、学べる場は横浜にも数多く存在しています。選択肢が多いのは良いことですが、教室ごとに異なる点はあるので良く比較してから選ばなくてはなりません。まずは料金システムに注目するべきであり、毎回払うチケット制か月謝払い、そして一括前払いかを確認しましょう。入会金や年会費の有無も忘れずチェックしておき、トータル費用を考えて選ばなくてはなりません。マンツーマンレッスンかグループレッスンかや、講師がネイティブか日本人かというのも通う上では重要なポイントとなってきます。レッスン制度に関しても、予約制もあれば曜日や時間が決まっている固定制もあり、講師を指定できるかどうかの違いもあるので細かい点まで確認しておくことが大切です。選ぶ際の基準として無理なく通えて楽しみながら、上達もしていけるかを考えるべきであり、まずは複数を比較してから決めることも忘れないようにしましょう。

継続できる教室選びが重要

English

人それぞれ適していると感じる英会話教室には違いがあるので、利用する目的を考え複数を比較しニーズに合っている教室を選ぶことが大切です。英会話をマスターするためにはある程度の回数と期間が必要になるので、無理なく通い続けることができる教室を選ぶようにしましょう。横浜にも数々の教室がありますが、立地条件や金銭面の負担で無理がないかはもちろん雰囲気が良く、講師との相性は良いかも重要になってきます。ビジネスシーンで必要になったりキャリアアップのために学ぶ人もいれば、プライベートの充実のためなど、英会話を学ぶ理由も人により様々なので目的にあっていることと、無理もなく楽しみながら叶える教室を選ぶことを心がけなくてはなりません。

広告募集中